Hobbitube | 次世代YouTuberおすすめメディア

次世代YouTuberおすすめメディア

  おすすめ記事  

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

   最新記事   

ヴァイオリン×インドYoutuber-KOH (高松 耕平)のユニークな経歴や現在の活動を解説!



f:id:Audience091:20200222223054j:plain

画像引用:Violinist Koheiより

「行けば新しい価値観が芽生えたり世界観が大きく拡がる」と期待されているのは、独特の文化を持ち、我の強い国民性を抱えるインドです。そんなインドの魅力に存分に惹かれた若き夢追い人YouTuberがいます。

 

日本の名門音大を飛び出して世界を駆け巡り、インドにてボリウッド映画の音楽職を夢見ながらヴァイオリン片手に活躍する、ヒンディー語を流暢に話し、鍛え抜かれた鋼のボディを持つなど、魅力的なキャラが詰まったKOHさんについて紹介します。

 

 

KOHとは?

インド在住の日本人ヴァイオリニストです。ムンバイを拠点にしているシンフォニー・オーケストラ・オブ・インディアの第二ヴァイオリン奏者です。ヒンディー語の学校で学んだり、デリー大学で学位を取るなど現地に溶け込んでいます。

2018年10月から46本の動画を上げて、現在2.5万人のチャンネル登録と総再生数260万回を記録しています。クセの強いインド人に引けを取らない弾けた個性の持ち主で現地生活を謳歌しています。

 

www.youtube.com

 

サブチャンネルではないですが、2016年10月から英語とヒンディー語のみを使用した外国人向けのチャンネル『Violinist Kohei』も運用しており、こちらは75本の動画でチャンネル登録43.9万人と総再生数1,326万を記録しており、日本語向けのチャンネルより規模があります。

 

www.youtube.com

 

KOHの経歴、生活、職業は?

KOHこと高松 耕平(たかまつ こうへい)さんは、高校時代にクラーク記念国際高等学校パフォーマンスコース在学中に、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール・弦楽器部門ヴァイオリンにて見事入賞を果たすなど、早期からかなりのヴァイオリンの実力の持ち主でした。

 

必死に努力を重ね、一度は名門音大のひとつ東京音楽大学の門を叩きヴァイオリンを学んでいましたが、尊敬していた教授が東京音大を去ったことをきっかけに、自身も学ぶ目的や在籍の意味を失い、10代の最後に大きいことをしようと思い切って大学を中退して世界一周旅行の旅に出かけました。

 

f:id:Audience091:20200222223234j:plain

画像引用:YouTubeドキュメンタリーより

 ラオス、カンボジア、タイなど東南アジア周遊の先にたどり着いたのがインドという国でした。バックパックをしょって3カ月を掛けてインドを北から南まで横断し、感じたことが「インドの人は明るい!」という魅力的な人柄でした。

個性をハッキリ出しながら生きている人たちに囲まれて暮らすことは楽しいことだろうなと思ったことが、インド滞在のきっかけでした。

 

その後、インドについてより深く知るために”言葉”を学ぶべく、デリーのKendriya Hindi Sansthanという学校に留学してヒンディー語を学びます。しかし金銭的に余裕のない状態で渡航したため、時にはレストランでヴァイオリン演奏してまかないを貰うなどして生計を立てていました。

 

 

しかし経済的に困窮していたからこそ、インド人の優しさ・温かさ・世話好きさ・親切さに助けられ、その有難みを強く感じたといいます。しかしストイックに学習に走るKOHさんにとって学校の授業のレベルは物足りなく8カ月で行くのを辞めました。*今ではネイティブレベルでヒンディー語を流暢に喋ります

 

語学学校を経て、インドで暮らすことを決意します。住むための稼ぎとして、ヴァイオリンを手に暗中模索しているときに、”欲望と夢の摩天楼”ムンバイにあるプロオーケストラ『シンフォニー・オーケストラ・オブ・インディア』の募集情報を聞きつけて、挑戦することになりました。

 

 

なんとアポなしでオフィスに飛び込み入団を直談判したそうです。バイタリティーに溢れる行動で、熱意を伝え実演を披露したところ、気に入られて見事入団を果たすことが出来ました。いきなり「一週間後の演奏会に向けて20曲覚えてきて!」と指示が出るなどドタバタした始まりでしたが、その後、約2年に渡って第2ヴァイオリン奏者として多くの貴重な体験をしながら活躍しました。

偉大なヴァイオリニストでKOHさんも憧れていたオーガスティンデュメイさんと共演できたり、インド音楽業界の重鎮でアカデミー賞の受賞歴もあるA・R・ラフマーンとインド映画の曲を共同制作したり、パドマブーシャンというインドの人間国宝級の存在から、インド古典ヴァイオリンを習うことが出来たなど...

 

f:id:Audience091:20200222223602j:plain

画像引用:YouTubeドキュメンタリーより

 その後は、学歴を重視されるインド社会で活躍するために大学卒業資格の取得を目指すべく、デリー大学に入学してインド古典ヴァイオリンを専攻し、さらなるインド×音楽の文化に踏み込んでいきました。

 

現在は、Youtuber・ヴァイオリニストとして活動する傍らで、夢のボリウッド映画業界で作曲・レコーディングの仕事を掴むために日々努力を積み重ねています。

 

 

以上の通り、KOHさんは生命力・行動力に溢れた気概のある青年です。身体も鍛えており、筋肉ムキムキでキャラが渋滞しているとコメントでツッコミが入るほど多種多様な魅力に溢れています。

 

 

KOHの現在の収入は?

インドと日本の物価や賃金の差は大きく、オーケストラ団員時は月収45,000ルピー~65,000ルピー程だったそうです(約7万円~10万円)。

 

Youtube収入は、日本人向けのチャンネルでは勢いを急上昇しているものの登録者数・再生数ともに一本で食べていくにはまだ少し遠い数字です。世界向けの動画はそれなりの数値を持つ者の、日本とインドでの広告収入のレート差がある様で、まだまだYoutube・ヴァイオリンだけで暮らしていくには時間が掛かりそうなです。

 

 

KOHの動画の内容は?

インドの日常を伝えるvlog要素の強い動画が多いです。満員電車やスラム街散歩とダークな部分から、インド人の友達との食事やショッピングなどなど、Twitterではお気に入りの景色など幅広く毎日の生活を切り取って伝えています。

自身の強みであるヴァイオリンや、ペラペラのヒンドゥー語を使って検証的な企画も試しています。貴重なインドの事務での筋トレ動画も定期的にあがってきます。

 

KOH動画内容

 

KOHのオススメ動画は?

インドの大富豪パーティーに潜入

インドで一番の大富豪ambani家のご令嬢の結婚式でヴァイオリンを弾いてきたので、その前後の様子を収めています。840億円で27階建ての自宅を建設したり、約5兆円の資産を保有するなど桁違いの金持ちの現実離れしたパーティの様子を掴むことが出来ます。貧乏なイメージの強いインドですが、現地にはこういう側面もあるんですね。

www.youtube.com

 

日本人のヒンドィー語

ドッキリ企画で、日本人が突然ヒンディー語をインド人に話すという動画です。現地人のナイスなリアクションが見物です。それにしてもヒンディー語はかなり外国語学習の中でも難しいとされていますが、ここまで流暢に喋れるとは大したものです(彼は英語も堪能です)。

www.youtube.com

 

今後への期待

成功して欲しい

たくさんの魅力の詰まったYoutuberですから、今後バズることは間違いないと思います。努力を積み重ねチャレンジングな毎日を送っている訳ですから、はやくチャンネルが伸びて広告収入だけで生活できる余裕が出るといいですね。→インドでYoutuberとして取材を受けるなど着実に成功への道を歩んでいます。

 また、本職の音楽でも自己実現を果たして欲しいと純粋に応援したいです。高熱を発したり入院したりしていますので、健康面もぜひ気を付けて頂きたいです。

 

コラボ動画

SNSの様子を見ている限り、日本にも帰国することも度々あるようなので、日本のYoutuberとコラボして欲しいですね。日本のYoutuberがインドに行っても面白いでしょうし、KOHが日本の音楽Youtuberとコラボしたりしても楽しめると思います。また、現地のインド人ユーチューバーと作る動画は他にはないオリジナリティを生んでくれると思います。

 

以上、不思議の国インドで奮闘する個性派ヴァイオリニストKOHの紹介でした。まさに現在進行形でたくさんの苦労を経験し、おおくの努力を積み重ね、その中で好きなことを好きな国で存分に満喫している、そんな全力で活きる若者の人生を視聴者にシェアしているKOHのチャンネルにぜひ注目してください。

 

この記事を面白いと感じてくださった方は励みになりますので、下記バナーをクリックしていただき当サイトへのランキング投票をお願いいたします。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 動画情報へ